麻酔?無麻酔?病院での歯石取り

2019.02.28



ワンちゃんのお口のケア、これから始めようと思っている方や
今まで続けてきた方の中には歯石が溜まってきているとお思いの飼い主さんも多いと思います。
歯石が溜まったままでは、せっかくの自宅ケアも効果が出ないこともあります。
歯石を取り除いて、ゼロの状態から自宅ケアを始めてみませんか?

でも病院での歯石取り、麻酔をかける処置とそうでない処置どう違うの?と疑問を持っている方必見です。
今回は麻酔をかけての歯石取りと無麻酔での歯石取りをまとめました。




 

麻酔?無麻酔?歯石取りの方法

歯石取りには大きく分けて2つの取り方があります。
1つは麻酔をかけて眠らせている間に取ってしまう『麻酔下処置』。
もう一つは麻酔をかけずに処置をしていく『無麻酔処置』とあります。
それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

麻酔下処置のメリット



麻酔下での処置は、ワンちゃんが眠っており痛みや恐怖を感じることが少なく、
それに伴う身体の動きなどもほとんどないため、1度の処置でほぼすべての歯石を取ることができます。


麻酔下処置のデメリット
その一方で、麻酔も100%安全とは言い切れません。
健康体であっても、麻酔をかけた後に目が覚めず、そのまま亡くなることもゼロではありません。
健康であってもリスクがあるので、持病がある場合はさらにリスクが高まります。
特に心臓病を患っている場合などは、麻酔をかけての処置はできません。



処置前に見た目は元気で健康状態に問題がなさそうな場合でも、実は内臓にトラブルがある場合もあります。
そのような状態のワンちゃんに麻酔をかけないように、
麻酔処置の前には採血やレントゲン撮影などの検査が必要になってきます。



このため麻酔をかけての処置に加えて、検査の費用が加算されるので、
費用がかかるということも頭に入れておかなければなりません。





歯石取りが終わればそれで終了ではありません。
ワンちゃんの口に薬を塗ったり歯磨きをしたりと自宅のケアを始めることになります。
無麻酔で歯石取りをすると、病院で処置をする際に口を触られてもじっとする訓練も併せて行うので、
自宅でも口を触らせてくれることが多いです。




しかし、麻酔下で歯石取りをするとワンちゃんには処置中の記憶がないため、
自宅ケアの際に激しく抵抗することがあります。中には飼い主さんを噛もうとすることも。
このような状態では自宅ケアが難しいので、歯周病もコントロールできなくなります。
その結果、歯周病を悪化させ完治させるのは難しいと言わざるを得ません。




無麻酔の歯石取りのメリット



無麻酔の歯石取りでは、ワンちゃんを眠らせることなく処置をしていきます。
スケーラーなどの機械音や水に慣らしながら、口を触られてもじっとする訓練を併せて行っていきます。



また、麻酔薬を使わないので、麻酔での事故を回避することができます。
症状にもよりますが、持病を持っているワンちゃんでも聴診や触診をした後、
体調と相談しながら歯石取りに臨むことができます。



歯周病であった場合にも、一度病院で口を触る訓練をし、歯石取りをした記憶も残っているので
初めてでもその後の自宅ケアが比較的行いやすいということも大きなポイントです。
ケアができれば、歯周病に対して継続的なアプローチが可能なので、歯周病を治すことが可能です。




無麻酔処置のデメリット
麻酔をかけないので処置中に『動く』ということが前提になります。
長時間処置を続けると、ワンちゃんも飽きてきて嫌々し始めます。
処置の時間が限られるので、全ての歯石を取ることは難しく数回に分けて処置をしていかなければなりません。



また、怖がりや落ち着きがないといった性格の場合、処置中の音や水に驚いて処置ができない場合もあります。
性格上の問題をクリアしていても、椎間板ヘルニアや脱臼、心臓病やてんかん発作などの持病がある場合、
症状を悪化させることがあるので、処置当日の体調をみながらの処置になります。






麻酔下処置、無麻酔処置のメリットとデメリットとみてきましたが、いかがでしたか?
内容を吟味してワンちゃんに合った処置を選択してあげたいですね。
歯石を取って、気持ちも新たにお口のケアを始めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前のコラムへ
  • 犬のアレルギー治療コラムトップへ
  • 次のコラムへ

pagetop