CLOSE

ガン、尿結石、肝不全、心不全、膵炎の手作り食療法

ごとふ動物病院は、手作りごはんによる「手作り食療法」を積極的に推奨しています。
数年前から、延べ数百頭の犬に手作り食療法を行い、薬では得られない成果をだしています。
これは、犬の血液データと、現場でしかわからない治療経験から導き出された方法であり結果です。

あきらめないで、一緒にがんばってみませんか?

ごとふ動物病院の手作り食療法

「病気の種類、進行度合い、その子の特性〜好み」を考慮した、 オリジナルの手作り食レシピを犬にあわせて考案。更に当院開発のサプリメントを加えた食事治療となります。

1

犬にあった
レシピを考案
します

2

手作り食の
作り方
アドバイスします

3

当院開発の
サプリを調合
し提供します

4

検査や、必要な治療を
継続して
行います

ガンの治療について

ガンが大きくなる仕組み

どんなガン(腫瘍)であれ、ガンは無秩序に大きくなろうとします。
そのため、ガンの周りには「栄養血管」といって、ガン本体の栄養をまかなうための血管がいくつも作られるようになり、大量の栄養を取り込み続けます。このようになると、
ガンにばかりに栄養が取られ、ガンは肥大化。また、正常な細胞には栄養がいかず、最終的には、体はどんどん栄養不足になり、痩せて免疫力が低下するようになります。

参考:ガン細胞は炭水化物が大好き
ガンになってしまったからといって、栄養を付けようと炭水化物一杯の高カロリーな食事を与えれば、かえってガンを発育させるだけです。
ちなみに、ドックフードは、製造方法の問題で、炭水化物が豊富に含まれています。だから、カリカリのドライフードにはガン対策のフードがないのです。

ガンの手作り食療法

手作り食療法で、ガンが大きくならないように「炭水化物」を制限します。
手づくり食療法に取り組むと、炭水化物を必要最低限の量にコントロールできます。また、食欲が落ちている子でも美味しく食べることができます。
そして、免疫力を高めるための食材やサプリメントが、ご飯の中に豊富に入っているため、ガンに打ち勝つ強い体作りができるようになります。

尿結石「ストラバイト尿結石」の治療について

“飲んで出す”治療方法では、体への負担が大きい

ストラバイト尿結石用ドックフードは、できた結石を尿で洗い流すために、あえて塩分の量を増やしています。塩分が多いので、

  1. 喉が渇き、
  2. 水を多量に飲み、
  3. 多量の尿をすることで結石を洗い流す

という方法なのです。でもこのポピュラーな治療法では、腎臓や心臓に大きな負担を与えます。

水をよく飲めば、全身の血液量は増え、心臓は増えた血液を全身に送るために、激しく鼓動を打ちはじめます。激しく鼓動を打ち続ければ、そのうち心臓は疲れ、心不全が起こってしまいます。
腎臓も、余剰な塩分を尿として排出させるために、いつも以上に濾過作用を強くしなければならなくなり、最終的には腎不全が起きることになります。
もし運良く心不全、肝不全にならなくても、犬の体にかかる負担は大変大きいのです。

尿結石の手作り食療法

手作り食療法で、尿結石を作り上げるリン酸とマグネシウムを制限し、結石を作らせないようにします。 それにより、結石は小さくなり体外に排出されます。この方法が、体にもっともやさしい治療法となります。

尿結石「シュウ酸カルシウム尿結石」の治療について

ドックフードでは治りません

現在の獣医学的治療では、シュウ酸カルシウム尿結石を確実に溶かす食事治療というものはありません。よって、ドックフードではまず治ることはないでしょう。

シュウ酸カルシウム尿結石の治療において、唯一コントロールができるのは、手作り食療法だけです。

尿結石(シュウ酸カルシウム尿結石)の手作り食療法

手作り食療法で、シュウ酸とカルシウムを制限して結石を作らせないようにします。
動物性タンパクそしてカルシウムを適正な量をあたえ、そして特定の野菜に多く含まれるシュウ酸を過剰に与えないようにすれば、結石を小さくし体外に排出できます。
(犬は人間の数倍カルシウムが必要だからと言って、過剰なカルシウムを与えれば、結石が作られてしまいますのでご注意ください)

腎不全の治療について

タンパク質の「質と量」に問題があります

一般的な腎不全のためのドックフードは、低タンパクなので美味しさに欠け、犬は好んで食べてくれません。
これは重大な問題です。適量のタンパク質を摂取しないと、体は筋肉などの組織を壊してタンパク質を作り、その時に作られたタンパク質の老廃物は、腎臓細胞を破壊しやすく、腎不全を今以上に進行させてしまいます。

肝不全の手作り食療法

手作り食療法であれば、美味しさがドックフードとは比べ物ならないので低タンパクであっても、「食いつき」がとても良いですし、良質なタンパク質を厳選し、最低必要量を摂取できるので、腎臓の細胞にやさしい食事を作ることができます。

腎臓用のサプリメントも、腎臓の代わりに老廃物を吸着する成分が含まれているので、腎臓の負担が軽減される最適な食事療法となります。

心不全の治療について

心不全を治すための治療が、心臓への負担を高めている

一般的な心不全のためのドックフードは、低塩分なので美味しさにかけ、犬は好んで食べてくれません。
そのために、油分を増やすなどして「食べつき」をよくしているのですが、そのために太ってしまう犬が多いのです。
太った結果、コレステロールの上昇や、血管が固くなったり狭くなったりするので、心臓に一層の負担がかかってしまいます。

心不全の手作り食療法

手作り食療法であれば、美味しさがドックフードとは比べ物ならないので低塩分であっても、「食いつき」がとても良いですし、過剰に油分を入れる必要もありません。
つまり、塩分も油分も最低限にコントロールできるので、血管へのいたわりや、肥満予防にもつながる、心臓にやさしい食事を作ることができます。

膵炎の治療について

膵炎用のドックフードは存在しない

膵炎の犬は、油分を極力控え、タンパク質も消化しやすいものを最低限の量にする必要があります。
しかし、膵炎に対応したドックフードはまだありません。というのも、油分を最低限まで少なくしたドックフードだったら、ウサギのご飯のような固いパサパサのペレット状になり、犬は見向きもしないことでしょう。
もし、あなたが、市販のドックフードを食べさせてしまったとしたら、膵臓は油を消化するために膵液を大量に分泌し、その分泌によって膵炎はかなり激しく進行してしまいます。(タンパク質も同じことが起きます)

膵炎の手作り食療法

当院の手作り食療法であれば、油分を制限し膵液の分泌を抑制して、膵炎をコントロールできます。
油分の制限は大変難しく、少なすぎるとコレステロールが減り続け、内蔵のいろいろな器官に異常をきたし、生命に危機的な症状が起こります。
また、多すぎると膵液の分泌が盛んになり、膵炎は進行し、これも膵卒中といわれるような生命に危機的な症状が起こります。

ごとふ動物病院では、長年の治療経験と検査データから最適な油分の量と最適な油の種類を把握していますので、「膵炎を起こした」、「膵炎を以前起こした」という犬にとって、当院の油分をコントロールした手作り食療法が最適な治療といえます。

藤本院長の犬の食事コラム

手作り食に関するよくある質問

手作りご飯にすると、効果は劇的に現れるものですか?

ケースにもよりますが、薬と違ってご飯を手作りにするだけで、あらゆる症状が劇的に改善するとは考えないで下さい。手作りご飯の良いところは、体にやさしく、徐々に体質を変えながら効果が現れるというところです。

続ける自信がありません。

まずは続けられる程度の回数で結構です。やらないより、1回でもやった方が良いという位の、軽い気持ちで始めて下さい。多くの飼い主さんが、はじめはみんな「本当にできるかな?」という思いから始められます。でも当院の手作りご飯のレシピは簡単に作れるよう配慮していますので、1ヶ月もすると「簡単だから続けているよ!」と笑顔でお答えされる方が多いです。

手作り食にしたことで、栄養バランスは壊れませんか?

当院が提供するレシピの栄養バランスや量は、絶対の自信を持っております。根拠は、健康な子、肝臓が悪かった子、膵臓が悪かった子、アレルギーの子、肥満の子など、数十頭の犬を1年間以上追跡した血液検査のデータが元になり、手作りご飯のレシピはできていますので、どうぞご安心ください。

飼い主様へのメッセージ

フードアドバイザー 緒方 理沙

フードアドバイザー

緒方 理沙Ogata Risa

大切な犬が病気になってしまうと、犬はもちろんですが、飼い主さんも大変ですし、精神的にもきついと思います。だからこそ、きちんと治すことができる手作り食をおすすめします。
今からでも遅くはありません。愛情を込めて、毎日手作り食を与えてあげてください。

診療案内

本院(福岡)
来院順受付

住所
〒814-0013
福岡市早良区藤崎1ー1ー37 2階
電話番号
092-407-3111

詳しくはこちら

休診日 毎週月・金曜日
祝日・年末年始・お盆
診察時間 平日
午前 09:00~12:00
午後 16:00~18:00
土曜
午前 09:00~12:00
午後 16:00~17:30
日曜
午前 09:00~12:00
午後 休診
住所
〒814-0013
福岡市早良区藤崎1ー1ー37 2階
電話番号
092-407-3111
休診日
毎週水曜日、祝日、年末年始

詳しくはこちら

診療時間
午前診療9:00〜12:00 -
予約診療12:20〜13:20 -
休憩 13:20〜14:00
予約診療14:00〜16:00 ※1 - ※1
午後診療16:00〜18:00 - - ※2 -
  • ※1 火・日曜日の予約診療の時間は14:00〜17:00になります。
  • ※2 土曜日の診療時間は16:00〜17:30になります。

直近の診察スケジュール