home

ごとふ動物病院で働くスタッフの実際ごとふ動物病院で働くスタッフの実際

ごとふ動物病院で
働くということ

  • ごとふ動物病院は『これからの予防獣医療を行うには、獣医師の力だけでなく、ペット医療コミュニケーター・動物看護師などの優れたスタッフとのチーム治療が不可欠である』という考えのもと、動物病院全体のチームワークを重視しています。
    当院の治療方針や理念に理解をしていただき、一緒に理想の予防獣医療を実現してくださる方は、ぜひ求人にご応募ください。

    ともに成長しながら、「ありったけの優しさを!」提供できる動物病院を実現していきましょう。
  •   飼い主さんにとって「一番短な存在」になるために「なんでも相談できる存在」「いつでもそばにいてくれる存在」になってほしいと思っています。
  • 「なんでも相談できる存在」になるためには、予防獣医療の医療知識と医療技術が必要となります。
    定期的な勉強会やセミナーの中で、その知識と技術は必ず身につきます。
  • 「一番短な存在」になるためには、飼い主さんやワンちゃん、猫ちゃんたちと笑顔で接する必要があります。
    笑顔で接することで、飼い主さんが抱える色々な不安や疑問をお聞きすることができその解決策をお話しすることができます。
    怖くて不安を抱いているワンちゃんや猫ちゃんと笑顔で優しく接することで、より高度な予防医療を実施することができます。

「飼い主さんとの信頼関係を構築しやすい職場環境」

当院は飼い主さんとのコミュニケーションを非常に大切にしている予防獣医療特化型動物病院です。
ペットたちの多くが継続して来院される子たちであり、長期的に飼い主さんと一緒にこの子たちの健康を見守っていくことができます。

また、飼い主さんやペットたちの家族構成やプライベートの内容まで、気さくに話すことができる間柄です。
飼い主さんは、なかなか獣医師には自分の思っていることを伝えにくいようです。

ペット医療コミュニケーターや動物看護師は飼い主さんに代わって獣医師に不安や疑問点を代弁するという重要な役割を担っています。
また、治療計画も飼い主応対スタッフや動物看護師の意見を大きく取り上げるため、やりがいを実感できる職場環境と言えます。
  • 獣医師獣医師
  • ペット医療コミュニケーターペット医療コミュニケーター
  • 動物看護師ペット医療コミュニケーター

その他の職種はこちら

  • ペット医療コミュニケーターペット医療コミュニケーター
  • 動物看護師動物看護師

インタビュー動画はこちら

院長インタビュー

獣医師インタビュー

ペット医療コミュニケーターインタビュー

動物看護師インタビュー