スマホサイトへ
アレルギーを根治します

ごとふ動物病院の3つの特長

  • 国内で唯一、犬のアレルギー治療の特許を取得しています

    日本の特許庁が「効果・効能・安全」がある事を世界で唯一認めた治療法です。特許証を見る(特許番号:6012134号)

  • アレルギーの肌質を科学的に特定できます

    他の獣医師は「見た目」で判断していますが当院では「科学的」に特定できます。それにより正確な治療が可能です。

  • 体に優しい当院開発のフードとシャンプーで治ります

    取得した特許の考えに基づき開発したオリジナルのシャンプーとフードを与えるだけで劇的に改善します。

ごとふ動物病院の治療内容、流れ、料金を詳しく

TV番組「スーパードクター」で取り上げられました

薬に頼らないアレルギー治療の実態に追ったドキュメンタリー番組です。(TOKYO MX)

獣医師、藤本愛彦から皆さまへ

ごとふ動物病院 院長 藤本愛彦
「必ずアレルギーは治せる」それだけを信じて研究を重ねてきました。

3頭に1頭はアレルギーと言われている現在でも、多くの動物病院では今なおステロイドなどの「その場しのぎの有害な薬漬け治療」が横行し、飼い主さんも不安を抱えているかと思います。でももう安心していいですよ、とお伝えしたいです。

私は15年以上前からアレルギーを研究をし、現在では正確な診断や治療ができるようになりました。この成果を2016年9月に日本の特許庁が世界で初めて認め、特許を取得できたのです。2018年には米国でも認められ始めています。

私の治療は「適切なフードを与え、適切なシャンプーを行う」という体に優しい治療です。ステロイドやアポキルなどの「その場しのぎの、薬漬け治療」ではないぶん、飼い主さんには少しの努力が必要ですし、薬のような即効性もないので気長な治療が必要です。でも、この少しの努力と少しの時間が、アレルギー・アトピーを起こしている根本原因を取り除くことができるので、多くの飼い主さんが頑張って来院されています。

様々な症状のアレルギーが治ります!

アレルギー・皮膚病といっても「かゆみ、赤ただれ、フケ、匂い」など症状は様々ですが、
重度・軽度を問わずあらゆるアレルギーを治すことができます。

アレルギーの原因とは?

なぜアレルギーになるのか? なぜ獣医師の先生の言うように治療しても治らないのか?
まずはその理由をお話しします。
また、ステロイド・アポキル・サイクロスポリンなどの薬では決して治らないこと、
副作用が少ないと言われた薬でも大きなダメージがある事もお伝えします。

アレルギーの原因と薬の弊害について(4分58秒)
重要ポイントのまとめ

今までアレルギーが治らなかった背景と理由をテキストで解説

今まで、アレルギーやアトピーが治らなかったのは、ステロイドやアポキルなどのお薬があっためです。これらのお薬があるから、一時的にでも、あの痒みから目を背けることができるのです。これって麻薬と同じですね。体に悪いことはわかっていても、あの痒みを見たくないからと言いて使ってしまう。この繰り返しを行うので、アレルギー・アトピーは治らないのです。

まずは正しい診断が必要です

アレルギーを根治させるための第一歩は、「正しい診断」が必ず必要です。
10数年間の研究と実践で、アレルギーは
大きく2つの肌タイプ(正確には4つ)に分かれることが解明されました。
この肌タイプによって治療を行うことで、寄り道をせずにアレルギーを根治することができます。

アレルギーのタイプを症状別に解説(9分25秒)
アレルギーは2つのタイプにわかれます

動画でご説明差し上げたように、アレルギー・アトピーは2つのタイプにわかれます。
犬の肌質をきちんと把握しましょう。この肌質の把握がアレルギー・アトピー根治の近道です。

  • 酸化しやすい皮脂が過剰に分泌されている

    「酸性肌アレルギー」

    フードの中に含まれる酸化しやすい油を過剰に摂取すると、このアレルギーの体質の犬は、酸化しやすい油でできた皮脂が地肌も毛もベタベタになるほど大量に分泌されます。このベタベタを放置しておくと、皮脂が酸化され、その酸化皮脂によってアレルギーが起きます。

  • きれいな皮脂が不足している

    「アルカリ性肌アレルギー」

    食事で摂取した油をうまく消化吸収できない体質の犬は、きれいな皮脂(肌のベール)が作れず、毛がパサつき地肌もカサカサになります。体質改善やシャンプーをせずに放置しておくと、アレルゲンが容易に侵入し皮膚炎が起き、パサパサ肌(アルカリ性肌アレルギー)になります。

参考資料:画像で見る肌タイプ判別チャート(PDFファイル19ページ)

重要ポイントのまとめ

アレルギーのタイプをテキストで解説

アレルギーには2つのタイプがあります。1つは酸化しやすい油でできた皮脂が大量に地肌に分泌され、その大量に分泌された皮脂が酸素や紫外線によって酸化され、その酸化した皮脂によって皮膚炎が起こります。このタイプのアレルギーを酸性肌アレルギーと言います。もう1つが、フードの油の吸収が悪いために、地肌にほとんど皮脂が分泌されず、結果として皮脂の防御膜(ヴェール)が完成されないために、アレルゲンや細菌が侵入して湿疹や皮膚炎が起こります。このアレルギーをアルカリ性肌アレルギーがと言います。酸性肌アレルギーの特徴的症状は、首下や脇、下腹部、内股に油臭い臭いがする皮膚炎が認められます。逆に、アルカリ性肌アレルギーでは、背中や大腿部、前腕、下腿に湿疹や毛が薄くなるぐらい脱毛が認められることが多いです。

アレルギー肌アイプ診断キットを詳しく

ご予約・お問い合わせ

  • 本院(本院) 本院を詳しく
  • 東京(出張診療) 開催日程や会場を詳しく
  • 大阪(出張診療) 開催日程や会場を詳しく

ごとふ動物病院が選ばれる3つの理由

「早く治してあげたい!」だけど「体に負担があったり、費用が高かったら・・・」
という心配もおありかと思いますが、心配はいりません。
これらの不安を解決したのが、私たちのアレルギー治療です。

3つの選ばれる理由と、具体的な治療方法〜治療の流れを解説 (11分28秒)
特許に基づいた最新の治療

2016年9月に日本の特許庁より「犬のアトピー治療薬ならびに治療法」と名付けられた特許を取得しました。特許が認められたということは、犬のアレルギー・アトピーにおいて絶大なる治療効果を有する方法だと言う事を、「第三者的に、客観的に、そして科学的に」認めたということです。つまり、単なる自称アトピーに効果がある治療というものではなく、私の治療は国が認めた治療であるということなのです。この治療は今、米国でも認められ始め、全世界に広まりつつある最新かつ唯一の治療法と言われています。

独自の検査を駆使した正確な診断

アレルギーを根治させるには「正確な肌のタイプ分類」が絶対に必要です。多くの動物病院は、実際の肌状態をただ目で見て判断していますが、これは診断ではなく主観であり、余計に悪化させているケースも多いのが実態です。
当院では、地肌に直接貼った特別なシールを分析することでアレルギーの肌タイプを正確に判断できることから、試行錯誤することなく寄り道をせずにアレルギーを根治できています。

体に優しい治療

過去から現在に至るまで、多くの獣医師は「ステロイド・アポキル・サイクロスポリン」などの薬をアレルギーの治療として使います。どの薬も服用中だけ痒みが無くなったり、赤味を止めるだけでなので、決して根治することはありません。それだけではなく、これらのお薬の問題点は服用し続ければ、ステロイドであればホルモン失調、アポキルであればガンの誘発、サイクロンスポリンならガンや感染症という副作用が認められています。私たちの治療は、お薬を使わず体に優しい「適切なフードと適切なシャンプーケア」によってアレルギーを根治させます。

治療の流れ

ステップ1 問診と肌タイプ検査の実施

愛犬のアレルギーがどの肌タイプなのかを見極める必要がありますので、まずは肌タイプ検査キットを使ったアレルギー肌診断を実施します。
さらに必要に応じて飼い主さんから今までの治療や自宅ケアの内容をお聞きします。

ステップ2 検査結果とアレルギー治療方針の説明

検査によって肌タイプがわかった後、「アレルギーの原因」や「根治するための治療やケアの方法」といった説明を行います。

ステップ3 自宅ケアの処方とアドバイス

肌タイプがわかり、治療についてもご納得いただければ、治療開始です。
あまりにも症状が重篤な子には、最初にお薬(酸化皮脂除去剤やアレルギー用ミネラル・ビタミン剤)を短期間の間のみ処方することがありますが、治療の基本は自宅シャンプーと食事療法です。
当院オリジナルのシャンプー剤やアレルギーフードの内容や使い方を詳しくお伝えしています。

ステップ4 自宅ケアを開始

シャンプーやフードによるケアを行い、アレルギーの症状の緩和を実感ください。
不明点やご不安な点がありましたら、その都度アドバイスを行っていますので、「シャンプーケアの方法はどうすれば良かったかな?」などお気軽にご連絡ください。

ステップ5 再診

初診の診察より2週間から1ヶ月後にアレルギー症状の改善が予想通りされているのか確認させていただきます。獣医師が診断することにより、「アレルギー治っているよね」という不安が確信に変わる時です。院長やスタッフと改善している喜びを分かち合いましょう!

ご予約・お問い合わせ

  • 本院(本院) 本院を詳しく
  • 東京(出張診療) 開催日程や会場を詳しく
  • 大阪(出張診療) 開催日程や会場を詳しく

費用について

初診料ならびに検査料
福岡・東京・大阪、いずれかにご来院いただく場合
初診料 1,000円(税別)
皮膚スタンプ検査 3,000円(税別)
耳垢検査 1,200円(税別)
シャンプー・食事・内服薬・サプリメントの料金

ワンちゃんの症状(肌タイプ、体重、症状の重さ)によって料金は変わります。以下は目安の料金例です。

肌タイプ別 治療に必要なシャンプーセット
酸性肌アレルギー 基本シャンプーセット(クレンジング・除菌シャンプー・入浴シャンプー) 11,100円(税別)
アルカリ性肌アレルギーの基本シャンプーセット(除菌シャンプー・入浴シャンプー・皮脂膜水) 9,900円(税別)
肌タイプ別 治療に必要な食事とサプリメント
酸性肌アレルギー 基本食事療法
ドックフード 生粋(ki-sui) 2kg 4,000円(税別)
アレロール(体重5kgの犬の1ヶ月分) 2,500円(税別)
アルカリ性肌アレルギー 基本食事療法
ドックフード 生粋(ki-sui) 2kg 4,000円(税別)
ヴェールプラス 120ml 2,160円(税別)
肌タイプ別 治療に必要な内服薬
酸性肌アレルギー改善薬
3kg未満(2週間分) 4,872円(税別)
3kg以上6kg未満(2週間分) 5,096円(税別)
6kg以上9kg未満(2週間分) 7,588円(税別)
9kg以上12kg未満(2週間分) 8,120円(税別)
アルカリ性肌アレルギー改善薬
3kg未満(2週間分) 2,800円(税別)
3kg以上6kg未満(2週間分) 3,360円(税別)
6kg以上9kg未満(2週間分) 4,480円(税別)
9kg以上12kg未満(2週間分) 5,600円(税別)

来院のご案内

「診察は、本院のある「福岡」はもちろん、
定期的に出張診療を行っている「東京」「大阪」で受けることができます。
最もアクセスの良い場所へ、ワンちゃんとご一緒に足をお運びください。

  • 本院について
  • 東京・大阪の出張診察について
本院について

地下鉄藤崎駅から徒歩1分の立地にあります。
福岡県内はもちろん、全国から来院いただいています。

本院概要
開院年 1999年4月
所在地 〒814-0013 福岡市早良区藤崎1ー1ー37 2階
電話番号 092-407-3111
アレルギー治療診療時間
  • 平日(火・水曜日除く)午前の部 9:00~12:00 / 午後の部 16:00~18:00
  • 土曜日午前の部 9:00~12:00 / 午後の部 16:00~17:30
  • 火・日曜日午前の部 9:00~12:00 / 午後の部 休診
休診日 毎週水曜日、祝日、年末年始、その他(東京出張診察等)
アクセス

藤崎駅から徒歩1分。

地下鉄の場合

福岡市営地下鉄「藤崎駅」より徒歩1分
道順はこちら

車でお越しの方

福岡年高速「百道浜ランプ」より車で12分
道順はこちら

東京・大阪の出張診察について

ごとふ動物病院院長の藤本が自ら、東京と大阪に定期的に出向きアレルギー診察を行なっています。すぐに予約で埋まってしまいますので、大変恐れ入りますがご予約はお早めにお願いいたします。

pagetop