子犬のしつけ カットオフシグナル

2019.01.11

覚えればいろんなしつけで使える? カットオフシグナル

 

散歩中、知らない人やワンちゃんに向かっていったり、どこでも拾い食いをしたり、今やっていることをちょっとやめてほしい・・・と思うことありませんか?問題行動はたくさんありますが、それらの中には叱るより行動を止めて褒めるといったトレーニングが有効なこともあります。今していることを一旦止める、これを子犬のうちに覚えると、様々なしつけに使えます。今回はカットオフシグナルのトレーニングの紹介です。

 

カットオフシグナルって?

 

初めて耳にする方も多いと思います。英語ではcut off=遮断する、やめるという意味があります。その意味の通り、飼い主が望んでいない行動を起こすときに、その行動をやめさせる仕草というのがカットオフシグナルです。具体的には、犬と対象物を手や体を使って遮ることなどが挙げられます。もちろん、カットオフシグナルに頼るだけではなく、犬の行動を前もって予想してトラブルを回避することも大切です。

 

目標は「一旦停止」

 

子犬の気が散らない環境でやってみましょう。まずは子犬の目の前に、おやつを置きます。子犬がおやつに気が付いて、においを嗅ぎに来たら「ストップ」と静かに言い、子犬を手で遮ります。あくまで動作を止めることが目的なので、コマンドを出す際は静かな声で、子犬を興奮させないようにしましょう。そこで子犬の動作が止まって待つことができたら褒め、おやつを渡します。これを繰り返します。

コマンドを出して、動作を止めることに慣れてきたら、今度は少しずつ環境を変えてみます。飼い主が座ったままトレーニングを実施していたら、今度は立ち上がって実施してみましょう。その際、手ではなく体全体で子犬を遮断するようにします。

こうした飼い主の小さな変化は、子犬にとっては大きな環境の変化になるので、頭がパンクしてしまい、今まで出来ていた「静止」という状態を保てなくなることが多いです。また、トレーニングには集中力を要するので、長時間トレーニングをしていると集中できなくなってしまいます。こまめに休憩を取り変化に慣らしつつ、時間をかけてトレーニングしましょう。

 

トレーニングを進めていく中で、コマンドのみで行動を一旦中断することを覚えられれば、他の問題行動に対するトレーニングへのアプローチになります。子犬の幼い頭でこのコマンドを覚えるには時間がかかるので、子犬が飽きないように、毎日の遊び時間に少しずつ取り入れて楽しく進めていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前のコラムへ
  • 犬のアレルギー治療コラムトップへ
  • 1次のコラムへ

pagetop