蹄(ひづめ)を与えてはいけません

2014.01.11

近頃、歯石のために、歯周病のために蹄(ひづめ)を噛ませている飼い主の方が多くなってきました。

ダメです! 歯が折れます!

歯に良いから。歯石が取れるから。あげたい気持ちはわかります。

でも、ひづめの方が歯よりも固いんです。

だから、噛みつづけると必ず歯が折れます。

それも、上アゴの第4前臼歯か犬歯が折れます。

第4前臼歯はワンちゃん達にとって大事な歯の1つです。この歯が折れてしまうと、ご飯を食べるたびに激痛がはしります。

犬歯もなくなると、下アゴがなくなったり、くしゃみ・鼻水・鼻血が止まらなくなったりします。

健康的な歯を保つためにも、蹄(ひづめ)を与えるのではない歯周病ケアを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前のコラムへ
  • 犬のアレルギー治療コラムトップへ
  • 次のコラムへ

pagetop