【最新版】アレルギー・アトピーの原因は何?(犬のアレルギー治療)|ごとふ動物病院(福岡)

犬のアレルギー治療
column

2022.08.15

【最新版】アレルギー・アトピーの原因は何?


「目が合ったとき、いつもボリボリしてる…。」

「とにかく抜け毛がすごい…毎日の掃除機が欠かせない」

 

ワンちゃんとの生活で、嫌でも目についてしまうアレルギー・アトピーの症状。

痒みやお肌の赤み、脱毛やフケといった様々なトラブルが、ワンちゃんや飼い主さんをウンザリさせていると思います。

 

「何をやっても治らないから、お薬飲ませよう」
そう思っている飼い主さん。

 

ワンちゃんのアレルギー・アトピーの原因は、意外と身近なところにあること、ご存知でしょうか?

 

ワンちゃんのアレルギー・アトピーは
『アポキル』では治らない

 

『ボリボリボリボリ…』

 

お部屋のどこからともなくこんな音が聞こえてきて、愛犬を見るとお肌が真っ赤!

掻きむしり過ぎて、血が出ている…。

 

掻いている音を聞くだけでも嫌!

痛々しい姿をもう見たくない!

 

そんな時に使うのが『アポキル』。

 

痒がっているワンちゃんに一度飲ませれば、今までの痒みがウソのよう。

まるで魔法にかかったように掻かなくなるから、飼い主さんもワンちゃんも心穏やかに過ごせる時間がやってきます。

 

ただ、この幸せな時間はずっとは続かないのです。

 

お薬の効果が切れれば痒みが再発。

時間はお構いなし、寝ているそばでも『ボリボリ』が再び始まります。

 

『またアポキル使うしかないね』

 

このサイクル、既視感がある方は要注意。

もうお気づきかもしれませんが、アポキルを繰り返し使っても、アレルギー・アトピーが根本的に治るわけではないのです。

 

使い続けることで『リスク』も


激しい痒みをピタッと抑えてくれるアポキル。

ただ、以前の記事でもご紹介したように、お薬は総じて症状をしっかりと抑える効果が高いものほど、体にとって良くない作用(副作用)も強くなります。

これは、アポキルでも同じことが言えます。

 

アポキルは痒みを断ち切る一方で、バイ菌と闘ったり、体の中で生まれた小さながん細胞を消し去るために働く『免疫機能』を弱めてしまうのです。

 

 

免疫機能が弱くなると体内にバイ菌が侵入しやすくなるので、 膀胱炎・腸炎・歯周病といった菌が関係する病気のほか、入院が必要になる肺炎や敗血症といった病気に罹りやすくなります。


 

さらに、がん細胞が生まれてもそれを消し去る力が弱くなってしまうので、知らず知らずのうちにガンが大きく育ってしまい、ワンちゃんの命を奪うことになります。

 

★アポキルの詳しいお話はこちら

 

それでも飲ませ続ける?

『そのうち考えればいいでしょ?保険にも入ってるし』

『今はかゆみを何とかしたいから、とりあえず後で…』

 

パッと見た感じでワンちゃんが元気なら、そう思ってしまう気持ちも分かります。

 

でもこのまま症状が出る度に・症状が出るのを恐れてアポキルを長期間飲ませ続ければ…

 

・病気で入院
バイ菌に感染し、点滴チューブを24時間繋がれた状態に。
特に肺炎が起こると、酸素室から簡単に出られない生活になることも…。

 

・抗がん剤治療のため通院に。
大好きなお散歩へ行く元気や、食欲がダウン。おやつもご飯も満足に食べられなくなってしまうことに。


そして飼い主さんは、ボロボロな愛犬の姿をただ見守ることしかできません。

こんな未来が待ってること…それが分かっていても、ワンちゃんにアポキルを飲ませ続けますか?

 

大切なのは『原因』を取り除くこと

強い痒みやフケ、脱毛といた症状を起こすアレルギー・アトピー性皮膚炎。

 

当院では約20年という長い歳月をかけて、ようやくその原因を突き止めました。

 

それは、ドッグフードに含まれる『X-inducer』というもの。

 

 

ドッグフードは製造工程で、材料を高温・高圧に晒します。

その際に、材料に含まれる『inducer-A』と『inducer-B』という物質がくっついてしまい、アレルギー・アトピーを引き起こす有害物質X-inducerへと変化してしまいます。

 

X-inducerが体内へ入り込むと、食べ物と一緒に腸から吸収されて、全身へ飛び散ります。

飛び散ったX-inducerがお肌の表面近くへとたどり着くと、お肌の痒み・赤み・フケ・脱毛・ブツブツ(湿疹)といった症状を引き起こします。


つまり、このX-inducerを体内に取り込ませないようにすること。

取り込んでしまっても影響を最小限にとどめれば、アレルギーやアトピー性皮膚炎の症状が改善するため、アポキルを止めたり、飲ませる回数を減らすことができるのです。

 

 

自宅で始める『X-inducer』対策

「原因は分かったんだけど、X-inducerを減らすって、どうしたらいいの?」

 

そう思ったら、『ニコわん』!

 

サプリメントである『ニコわん』には、X-inducerが体内に侵入するのを防いだり、侵入しても影響を最小限に抑える成分がたっぷりと含まれています。

もちろん、お薬不使用・体に優しい天然由来成分にこだわって作られたサプリメントとなっています。

 

より詳しいお話は、バナーからチェックしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごとふ動物病院 公式アプリ

詳しくはこちら

〒814-0013 福岡市早良区藤崎1-1-37 2階
休診日:毎週水曜・金曜日・祝日・年末年始

TEL: 092-407-3111

午前中は電話が大変込み合いますので、
よろしければ午後13時30分以降にお電話ください。

詳しくはこちら

診察スケジュール

診療時間

9:00〜12:00
(受付 11:00)
- -
お昼休憩 12:30〜13:30

13:40〜16:00 - - ※2

16:00〜17:30
(受付 17:00)
- - ※1 -
  • ※1 土曜日の診療時間は16:00〜17:00になります。
  • ※2 日曜日の予約診療時間は13:40〜17:00になります。
  • ※3 予約診療は、歯科診療・皮膚診療のみです。

直近の診察スケジュール

pagetop