スマホサイトへ

病院案内

  • アレルギー治療
  • 肌タイプ分析
  • 歯石取り
  • 椎間板ヘルニア治療
  • 避妊・去勢手術
  • ワクチン接種
  • フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
  • 犬の病気
  • ダイエット
  • 老犬の食事

犬・猫のワクチン接種|ごとふ動物病院(福岡)

犬8種ワクチンと猫3種ワクチンをお勧めする理由

私のワクチンに対する考えは、病気を予防できるものは、できるだけ予防するというものです。だって、ワクチンで予防できるのに、それを怠ったために、死んでしまったら、悔いが残りませんか?やるせないと思いませんか?

そこで、できるだけ多くの犬・猫ちゃんに病気を未然に防いでほしいという思いから、当院は犬8種ワクチンと猫3種ワクチンの値段を格安に設定しています。

犬8種ワクチン 6,000円(税別) 猫3種ワクチン 3,500円(税別)

*この値段は、ワクチンメーカーのご協力をいただけたこと、また、当院のワクチン接種の技術料を無料にすることで可能となりました。

ワクチンアレルギーについての誤解

「5種より8種のほうが、ワクチンアレルギーが出やすいのでは?」という質問が多いですが、実際には、3種でも、5種でも、8種でも、ワクチンアレルギーの発生率は変わりません。

以前、あろうことか、ある大手メーカーのワクチンのアジュバンドが悪く、ワクチンアレルギーが多く発生したために、「ワクチンの数が多いとワクチンアレルギーになりやすい」という間違った情報が広がっただけです。

なお、当院で使用しているワクチンでのワクチンアレルギー発症件数は、
この5年間で、犬8種ワクチンが2頭猫3種ワクチンは0頭です。

参考:ワクチンアレルギーの原因は、一般的には、アジュバンド(ワクチンの効果を高める作用とウイルスを溶かす 注射溶剤として使われている液体)にアレルギー反応があるために起こると言われています。ワクチンは、メーカーによってアジュバンドは違います。そのため、メーカーによって、アレルギーが出やすいものと出にくいものと差があります。当院が使用しているワクチンは、アジュバンドが体にやさしく、副作用が出にくいものを使用しています。実際、当院でのアレルギーは5年で2件(注射後下痢が出た、少し顔が腫れた)しか出ていません。

ワクチン摂取に関するよくあるご質問

ワクチンをしたら、いつからシャンプーして良いですか?

その日だけシャンプーと激しい運動を止めてください。ワクチン接種の翌日からシャンプーして大丈夫です。お散歩もOKです。

前回のワクチン接種から1年を過ぎてしまいました。

できるだけ早く、追加のワクチン接種を受けてください。3年以上あけてしまうとワクチンの効果は全くありません。最初からやり直しとなります。

前回ワクチン摂取したら、顔が腫れアレルギーが出てしまいました。
今回のワクチン接種どうしたら良いでしょうか?

当院のワクチンは、ワクチンアレルギーを発生する割合が非常に少ないものを使用していますが、前回激しいワクチンアレルギーがでた場合は、ワクチンアレルギーをブロックする内服薬をワクチン接種予定の前日から飲まないといけないこともあります。まずは、お話を聞かせてください。

飼い主様へのメッセージ

混合ワクチンは、犬・猫ちゃんがかかるウイルスや細菌の病気を予防する大切なお注射です。元気な犬・猫ちゃんには無縁にみえても、日常の中で、感染の可能性は十分にあり、もしかかってしまったら!
入院はおろか治療の甲斐むなしく亡くなってしまうことも・・・。
犬・猫ちゃんの健康を守れるのは飼い主さんだけです。年1回混合ワクチンを受けさせてあげてください。

pagetop