スマホサイトへ

病院案内

  • アレルギー治療
  • 肌タイプ分析
  • 歯石取り
  • 椎間板ヘルニア治療
  • 避妊・去勢手術
  • ワクチン接種
  • フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
  • 犬の病気
  • ダイエット
  • 老犬の食事

犬の椎間板ヘルニア治療|ごとふ動物病院(福岡)

半導体レーザーを使った体に負担の少ない治療

この頃、ソファーや階段を「ピョン」と飛び上がれなくなった、抱き上げると、どこに痛みがあるのかわからないけど「キャン」と鳴くなどの症状ありませんか?
あなたの犬にこのような症状が見られたら、椎間板ヘルニアを疑ってください。

対処が早ければ早いほど、半導体レーザーを使った治療が劇的な改善をもたらします。

最初の72時間が勝負です

重度の場合、椎間板ヘルニアによって圧迫された脊髄神経は、72時間以内にその圧迫を解除しないと、たとえ手術をしても、元のように機能を回復することはできません。

もし、手足に全く力が入らず「ぶらーん」としているようであれば、72時間(3日)以内に手術をする必要があります。72時間を過ぎると、たとえ手術をしても、神経の麻痺が残ることが多いのです。

手足に力が入らないと気づいたら、72時間(3日)以内には当院へお越しになるようにしてください。

ヘルニア治療の流れ


軽度の椎間板ヘルニアの症状

・急に階段やソファーが登れなくなった。
・抱き上げるとどこに痛みがあるのかわからないけど「キャン」と鳴く。
・急に食欲がなくなった。歩き方が何かぎこちない。

治療

・1週間間隔で3回、椎間板ヘルニアの箇所にレーザーを照射します。
(但しレーザー療法には即効性がなく、1週目のみ鎮痛剤を使用することが多いです)
・通常、2週間程度で軽度の椎間板ヘルニアは完治します。

step1

初期治療

レーザー療法ならびに1週間の鎮痛剤処方。自宅での安静。
step1

治療開始1週間後

レーザー療法。自宅での安静。
通常、治療1週目で椎間板ヘルニアの症状は緩和します。
step1

治療開始2週間後

レーザー療法。通常これで治療終了。
治療2週目では、椎間板ヘルニアは完治していることがほとんどです。

中度の椎間板ヘルニアの症状

・足がもつれて、上手く歩行ができない。
・足先の感覚が悪くなり、足の甲が地面についていても元に戻すことができない。
・排尿が自力でうまくできない。

治療

・3~4日間の入院を必要となります。入院中は絶対安静と椎間板ヘルニアの箇所に毎日レーザーを照射します。
・退院後は、軽度の椎間板ヘルニアの治療と同じように、1週間間隔で3回、椎間板ヘルニアを起こしている部分に向けてレーザーを照射します。

step1

絶対治療

椎間板ヘルニアの保護を目的に絶対安静の入院を3~4日間します。入院中は毎日レーザー照射を実施します。また、損傷している脊髄の保護を目的に、ステロイドの投薬を入院中は実施します。
step1

退院後1週間目治療

レーザー療法ならびに1週間のステロイド剤処方。自宅での安静。
step1

退院後2週間目治療

レーザー療法。自宅での安静。 状態が良ければ、麻痺を起こした後足のリハビリを自宅で開始していただきます。
step1

退院後3週間目治療

レーザー療法。通常これで治療終了。治療3週目では、椎間板ヘルニアは完治していることがほとんどです。もし、麻痺が残っているようなら、リハビリを重点的に行なっていただきます。

重度の椎間板ヘルニアの症状

・足に全く力が入らない。
・足の指をつねっても全く痛みを感じない。
・排尿が自力で全くできない。

治療

・重度の椎間板ヘルニアでは、手術をして早急に圧迫している椎間板物質を取り除かないといけません。 手術は麻痺の症状が見られてから、72時間以内に実施させてください。
72時間を過ぎると、椎間板ヘルニアによって、脊髄神経が壊滅されてしまい、手遅れになることが多いです。

step1

緊急手術と入院

手術前に腰椎穿刺により脊髄造影を行い、椎間板ヘルニアを起こしている部分を特定し72時間以内に手術を実施します。通常入院は7~10日です。
step1

退院

退院後は、その子の症状にあわせたリハビリ・メニューをお伝えします。
そのメニューに沿って、リハビリをご家庭で実施していただきます。

費用について

椎間板ヘルニア用レーザー照射

4,000円(税別)/回 1回(15分)

絶対安静入院

15,000円(税別)/日 1日

椎間板ヘルニア手術

25万円(税別)
(検査代・入院代・治療費・手術費含む)

椎間板ヘルニアについてのよくあるご質問

症状が出たらどうしたら良いでしょうか?

抱き上げると急に「ギャン」となくなど、もしかして椎間板ヘルニアかもと思った場合には、できるだけ早く来院してください。遅くなれば遅くなればなるほど、症状は悪化しますし、なにより完治するまでに時間がかかります。

レーザー治療は、痛いですか?

椎間板ヘルニアの治療には、半導体レーザーを使用します。このタイプのレーザーは体に奥底までレーザーの効果が届きやすく、また痛みを伴わないのが特徴です。ですから、処置後は椎間板の痛みが和らぎ元気になって帰って行く子が多いように思います。

レーザー治療の様子を、見ることはできますか?

残念ながらお見せすることはできません。なぜなら、もし誤ってレーザーの光を直接見てしまうと、失明してしまいます。このような危険性があるため、レーザーをお見せすることはできません。

飼い主様へのメッセージ

椎間板ヘルニアがよく起こる季節は、12月から4月です。
この時期は、毎日のようにヘルニアの症状で来院され、
入院をしたり手術をしたりします。寒くなると、筋肉も萎縮して椎間板ヘルニアを起こしやすくなりますので、
腰や首を温め、筋肉をほぐすようにしてくださいね。

椎間板ヘルニアを起こしやすい性格は3通りです。
1:元気がよすぎてフローリングでツルツル滑っている子。2:うれし過ぎるとピョンピョン飛び上がる子。
3:階段やソファーをよく上り下りする子。
このような行動をよくする子は特に気をつけましょう。

pagetop