スマホサイトへ

病院案内

  • アレルギー治療
  • 肌タイプ分析
  • 歯石取り
  • 椎間板ヘルニア治療
  • 避妊・去勢手術
  • ワクチン接種
  • フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
  • 犬の病気
  • ダイエット
  • 老犬の食事

犬のフィラリア予防|ごとふ動物病院(福岡)

しっかり予防!でも薬代が安い!フィラリア予防薬

フィラリア症は、皆様ご存知のとおり、蚊が媒介する病気です。蚊によってもたらされた、フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して心臓に悪さをします。

フィラリア薬といっても、病院によって価格は様々。犬の健康を守ってくれるお薬、飼い主にも優しい価格できちんと摂取しましょう。

初期 軽度の心臓病と同じく症状はほとんどありません。
軽度〜中度 元気・食欲がなくなり、咳がひどかったり、咳をする度に呼吸がくるしかったりします。
重度 痩せてお腹が膨らんで来ます。咳のひどさはフィラリア症中期より進行しています。

フィラリア予防治療

血液検査を行った後、体重に合ったフィラリア予防薬を処方します。蚊の発生時期に合わせて、毎月1回1錠飲ませてあげてください。

福岡県・九州では、5月の初めから12月の初めまで、毎月計(8回)が目安です。

費用について

錠剤タイプ 3.5kg未満 850円(税別)
3.5kg~7.4kg 975円(税別)
7.5kg~14.9kg 1,175円(税別)
15kg~29.9kg未満 1,515円(税別)

フィラリア予防治療に関するよくある質問

フィラリアのお薬だけもらえますか

フィラリアの検査(毎年春に行う血液検査)が済んでいれば、お薬をお渡しすることは可能です。そのときは、体重も事前に計って来院いただけると助かります。

お薬を飲んだ後に、すぐ吐いてしまいました。

お薬を飲んでから何分後、何時間後に吐いたかによって、今後の投薬方法が変わります。吐くまでの時間を伝えていただき、最善の方法をお教えします。

先月お薬を飲ませ忘れましたが、大丈夫でしょうか?

大丈夫ではありません。すぐにお薬を飲ませてください。その後のフィラリアのお薬の飲ませ方は、次の飲ませる予定時期によって違いますので、ご相談ください。

飼い主様へのメッセージ

フィラリアのお薬は、蚊が吸血できる平均気温16℃からはじめ、平均気温16℃を下回る月まで飲ませてあげる必要があります。つまり九州では、5月の初めから12月の初めまでとなります。
毎月1回飲ませないと効果がないので、忘れないようにしてくださいね。私が飼っている犬の場合は、忘れないように毎月1日と決めて飲ませています。

pagetop