スマホサイトへ

スタッフ紹介|ごとふ動物病院(福岡)

院長

藤本 愛彦 Fujimoto Yoshihiko

飼っているペット: 大吉くん(雑種 1歳)

メッセージ

スキューバー・ダイビングを始めて、はや1年6ヶ月。
今ではアマチュア最高峰の免許「マスター・スキューバー・ダイバー」の免許を取得するほど、はまってしまいました。
更なる目標として「水中動画写真家」になるべく、極寒の真冬の福岡の海(水温10℃前後)にも潜っております。
2013年は、ジンベイザメを追っかけ、フィリピンセブ島まで、2014年は、マンタを探しにハワイ島まで行く予定です。まだまだ会ってみたい生物は目白押し。ラジャンパットの水中を歩くサメ。インドネシアのシーラカンスなど。院長の部屋に今までの水中映像、今後の水中映像をアップする予定です。皆さんお時間があるときに覗いてみてください。心洗われるひとときがその映像にはありますよ!

院長の部屋へ

ゼネラルマネージャー

南野 江美 Nouno Emi

飼っているペット: 14歳になるミニチュア・ダックスフントの「れおん君」です。

メッセージ

ゼネラルマネージャーの南野江美です。うちの愛犬れおん君はもうすぐ15歳になりますが、まだ1本も歯が抜けていません。全ての歯がキレイ残っています。
小さい時から歯磨きと1ヶ月に1回の病院でのチェックをこの14年間欠かしませんでした。おかげさまで、一昨年に会陰ヘルニアを起こし病院で手術をすることになりましたが、それ以外は至って健康。春・秋の健康検査では内臓だけでなく心臓まで問題なし。
やっぱり大病をしないためにも歯をキレイに保つことが大事なんだなとつくづく思っています。
私の主な仕事はゼネラルマネージャーとして若いスタッフの子の相談相手になったり、院長先生に代わって叱ったりと、あまり皆さんとお会いする機会が少なくなっていますが、時間を見つけては少しでも皆さんとお話ししたいと考えております。

看護師長

小川 さち Ogawa Sachi

飼っているペット: 15歳の可愛い可愛いお爺さんチワワの「しし丸君」です。

メッセージ

看護師長の小川さちです。私の溺愛するしし丸君。箱入り息子に育ててしまい、全く私のいうことを聞いてくれません。ちょっとでも嫌なことすると「ガゥーカゥガゥ」と噛まれてしまいます。
先日は病院の社員旅行で台湾に行った際、実家にしし丸君を預けたのですが、外出用の洋服だったので母が脱がそうとしたら母の手を噛んでしまい、結局服を脱がせられないので、私の大のお気に入りの洋服を母が切り刻んで脱がしたという聞かん坊なしし丸君です。
こんな私ですが、ごとふ動物病院での私の役割は飼い主さんと院長先生の架け橋になる事だと考えております。院長先生になかなか聞けないこと、診察室で聞きそびれたこと何でも私たち看護師や受付スタッフにお聞きください。
もし、私たちに分からないことがあれば、院長先生に納得いくまで聞いて、皆さんにお伝えします。
受付や待合室に居ますので、何かあればお気軽にお声掛け下さい。

シャンプー・カット

山下 智美 Yamashita Tomomi

飼っているペット: 15歳のトイ・プードルのおじいさん犬「海太郎君」と、「マサコちゃん」という9歳になる雑種猫を飼っています。

メッセージ

主にアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎のワンちゃんのシャンプーとカットを担当しています山下智美です。
院長先生とは、一緒に勤務して今年で14年目になります。
この14年間でずいぶんと院長先生も私も体型が変わり…。昨年は院長先生に『痩せろ。心臓に来るぞ』と言われ、一時期は少し痩せたのですが、やっぱり美味しいものを前にすると、ついつい食べてしまい、悲しい事に、今は、ちょっとリバウンドしちゃってます。
先日、飼い猫のマサコの体重を測ってみると、なんと6.7㎏に!! 衝撃です。猫なのに、柴犬の体重くらいになっていました…。今年の目標は私も猫もダイエットです…。
自宅でのシャンプー方法や爪の切り方など、ご相談がございましたら、皮膚に負担をかけない方法やワンちゃんが怒らない爪切りの方法をお伝えできると思いますので、お気軽にご相談下さい。

動物看護師・受付責任者

佐藤 千佳 Sato Chika

飼っているペット: 鼻がつぶれてブチャ可愛いパグ犬の「ピコちゃん」女の子3歳です。

メッセージ

動物看護師・受付責任者の佐藤千佳です。
私の愛犬ピコは体重が5kgもない身体が小さいパグなのですが、元気は誰にも負けません。いつも元気いっぱいで散歩中走り回っています。鼻がつぶれて短い短頭種なので夏の散歩は毎日が大変です! 私にとっては程よい夕方の散歩も、ピコにとってはすごく暑いのか、すぐにゼェゼェという呼吸をしてバテてしまいます。
院長先生曰く『短頭種の子は気温より湿度が上がるとキツくなるから、気をつけるように』と注意されます。皆さん、湿度が上がる梅雨の時期からお盆明けまでワンちゃんの熱中症には気をつけましょうね。
さて、私は宮崎県出身なので、飼い主さんとお話ししている間、訛りが出る事が度々ありますが(自覚はないのですが…)、どうか温かい目で見守っていただければと思います。
院長先生はフレンドリーな性格ですが、もし直接聞きづらい事などございましたら、受付責任者の佐藤までお気軽にご相談ください。

動物歯科衛生士

東島 愛梨 Higashijima Airi

飼ってみたいペット: ミニチュア・シュナウザーです。以前ミニチュア・シュナウザーを飼っていましたが、病気で天に召されてお星様になりました。来院する子や散歩で見かけると、まだ胸が苦しくなります。でも、やっぱりミニチュア・シュナウザーが大好きです。

メッセージ

動物歯科衛生士の東島愛梨です。主にワンちゃん達の歯周病ケアの歯磨きや抗生剤塗布の指導を行っています。
お口の中を触るので、どうしてもワンちゃん達から怖がられてしまう立場ですが、なるべく恐怖心などの心の負担を取り除くよう心がけています。院長先生から『ワンちゃんはそれぞれ性格が違うから、その子に合ったケアを考えなさい。』といつも言われています。本当にワンちゃん達って一人一人性格が違いますし、その日その日によっても心の状態が違います。本当に難しいのですが、やり甲斐のある仕事です。 ワンちゃん達って「こちらの心の状態を悟る」のが凄いですね。
歯のケアを担当するようになってから分かったのですが、私が心穏やかにケアするとワンちゃん達も穏やかに処置させてくれます。でも、イライラしたり、全然集中していなかったりすると「ガブリ!」と噛んだりと本当にこちらの心をよく見ているなと感心します。
今後の目標は、先ずは院長先生のようにワンちゃんと対話しながら処置ができるようになりたいです。そして、飼い主さんへもわかりやすい歯磨きの仕方や抗生剤の塗布の仕方を説明できるようになりたいと思っています。

受付

北村 まり Kitamura Mari

飼っているペット: トイ・プードルの男の子「ゆめ君」10歳です。

メッセージ

受付を担当しております北村まりです。現在はマンション暮らしなのでペットは飼えず、実家にトイ・プードルのゆめ君を飼っています。 ゆめ君は現在10歳。食欲旺盛で納豆、ヨーグルト、ブロッコリー、キャベツが大好物です。納豆のフタを開ける音や、ブロッコリーを茹でる匂いがすると、いつもの10倍の駆け足でキッチンにダッシュ。あまり与えすぎないようにと、妹が気を遣ってくれているのですが、母はゆめ君のおねだりに弱く、こっそりあげて、妹からよく怒られています。かく言う私も、こっそり納豆やキャベツをあげているんですけどね…反省…。来院されるワンちゃん、ネコちゃん、飼い主さんが笑顔になれますよう心を尽くしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

動物看護師

岡林 千夏 Okabayashi Chinatsu

飼ってみたいペット: 佐世保の山奥の実家に4歳の「あずき」と名付けたうさぎを飼っています。今はアパートで一人暮らしですが、ゆくゆくは猫を飼いたいと思っています。院長先生から捨て猫の「華丸ちゃん」は如何?と毎日勧められています。

メッセージ

動物看護師の岡林千夏です。今年の3月に鹿児島大学を卒業し、新社会人として5月からごとふ動物病院に入社しました。学生時代は、鹿児島特有の火山灰との格闘の4年間でした。隙間が少しでも開いていると火山灰が侵入して部屋は灰だらけ。お風呂には必ず入らないと頭が灰だらけ。今思えば灰と戦う楽しい学生生活でした。さて、今現在の私は、ワンちゃんを今まで飼った経験がなかったため、勤務したての頃はペットの抱っこの仕方がわからず、院長先生からハァーとため息をつかれるほど呆れられるレベルでした。でも、トリマーの山下さん、先輩の東島さんからの毎日毎日丁寧なご指導のおかげで、少しずつ様になってきてるのではないかなぁと内心嬉しく思っています。まだ勤務して1ヶ月と短く、動物に関して勉強中ですが、早く一人前になれるように頑張っていきます。よろしくお願いします!

pagetop