スマホサイトへ

ごとふの愉快な仲間たち|ごとふ動物病院(福岡)

  • シトラ
  • バチ子
  • 風
  • 月
  • 大吉
  • 次の新しい仲間は!?

シトラ

仲間になった経緯

ごとふ動物病院開院と同時に仲間になる。飼い主さんが保健所に持って行くというので、院長がかわいそうと思い引き取る。

性格

長年、輸血猫として多くの貧血猫を助けてきましたが、
もう年には勝てず、この度卒業した。

もう15歳、人で言うと76歳、少しぼけてきたところもあるが、
新米猫を自ら教育している真っ最中。
新米猫が悪戯したら、頭を「パシリ!」。
最高の教育係である。

バチ子

仲間になった経緯

輸血犬のピコーがなくなり、その代役として四国から譲り受ける。
四国のペットショップで最後まで売れ残りどうしようもなくなったところを院長が引き取る。

性格

どんな犬ともお友達になりたい一心で、しっぽフリフリで近づいくが、ほとんどの犬に嫌われてしまう
不思議なオーラを醸し出す。院長曰く、本人は本当に本当に犬・猫好きなんだろうが、
あまりにも「しつこい」ので嫌われているとのこと。かわいそうなバチ子である。

風

仲間になった経緯

病院で生まれた子犬の一人。月とは姉妹である。

性格

この子を一言で表現すると「気がやさしい子」と院長は言う。
院長が知らない散歩の時間となると「ハイテンション!」。ウサギのように走り回り、
リードを付けるのも一苦労誰。誰の声も聞こえなくなる。チョクチョク脱走する癖があるので、
スタッフみんな、ドアをあけるときは、風ちゃんの姿を確認してから開け閉めする。
ちょっとやんちゃな一面があるのを院長は知らない。

月

仲間になった経緯

病院で生まれた子犬の一人。月とは姉妹である。

性格

この子の特徴を一言で言うと「お口が受け口(アンダー)」。幼い時に股関節を骨折し、
院長が手術して今では全快。ただ手術をした院長が怖いようで、院長が近づくと
不機嫌そうな顔になり、逃げまどっている。でも院長の姿が見えなくなると、
姉妹の風と一緒に時計回りの高速回転をして喜びを表現するお茶目な女の子である。

シトラ

仲間になった経緯

輸血猫「シトラ」の引退に伴い、保護猫を探していたときに、偶然保護活動家から譲り受ける。

性格

「大吉」の名前の由来は、院長がちょうどおみくじを引いたら「大吉」だったから。
なんかかわいそう! 大吉くんはいつも院内を元気に走り回って、
シトラおばさんに「うっとうしい」と怒られています。それでも懲りもせず、
走り回っている元気でやんちゃな大吉くんです。

pagetop