耳アレルギー

2018.07.24

トリマーさんや獣医師先生から「耳が汚いよ」、「耳垢が一杯」、「耳が赤いよ」、「耳が腫れているよ」と言われたことがありませんか?
これらは全て、耳アレルギーの症状です。このまま放っておくと、耳が痒くて痒くて、掻きすぎて、耳の中から膿が出てたり、耳血腫を起こしたりします。
耳アレルギーの原因は、『マラセチア菌』。マラセチア菌はこの耳垢を食べて消化することによって、菌を増やしていきます。この耳垢を消化する際に産まれた副産物が、かゆみの物質「遊離脂肪酸」です。つまり、耳の中に耳垢が溜まれば、せっせと、せっせと、マラセチア菌は赤みや痒みの原因となる「遊離脂肪酸」に変えてしまうのです。 この遊離脂肪酸がある一定以上の量を越すと「耳アレルギー」を引き起こされます。耳アレルギーにならないためには、定期的に耳垢を洗い流すこと(耳洗浄)! 1週間に1回はしていただけるとBESTです。
ごとふ動物病院でオススメしている『耳洗浄の方法』を動画にしました。

40秒ほどの動画です。ご覧下さい。ごとふ動物病院オリジナル『耳洗浄剤』 ごとふ動物病院オリジナル耳洗浄液は、特殊な製法を用いて作った耳洗浄液です。通常、界面活性剤を使用して洗浄液は作られますが、私たちの洗浄液は界面活性剤を使用せず、天然成分のみで作られた体に優しい洗浄剤です。だから、耳に中に洗浄成分が残っても心配なしの安心洗浄剤です。そして、この「耳洗浄液」、天然成分で作られているのにもかかわらず、洗浄効果も抜群!多くの飼い主さんから好評を得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前のコラムへ
  • 犬のアレルギー治療コラムトップへ
  • 1次のコラムへ

pagetop