【最新】犬のアレルギーの原因と治療について(第4回/全5回):酸性肌アレルギーを根治する方法(ベタベタ肌の改善)

2017.05.17



(第1回):犬のアレルギー・アトピーは2つの種類にわかれる
(第2回):動物病院が勧めるドックフードは危険
(第3回):アルカリ性肌アレルギーを根治する方法(パサパサ肌の改善)
(第4回):酸性肌アレルギーを根治する方法(ベタベタ肌の改善)
(第5回):愛犬のアレルギー・アトピーで悩んでいる飼い主様へのメッセージ

【最新】犬のアレルギーの原因と治療について(第4回/全5回)

酸性肌アレルギーを根治する方法(ベタベタ肌の改善)



酸性肌アレルギーを根治させるには第一にドックフードを変えること。

前述したように酸性肌アレルギーが起きる原因は、悪い・酸化した油で出来たドックフードを与えているからです。まず、原因となっているドックフードを与えることをすぐに止めましょう。どんなに良い治療をしても、原因であるドックフードを食べ続ければ、治るものも治りません。ではどのようなドックフードが酸性肌アレルギーにとって良いのでしょうか。


「生粋ki-sui(ドックフード)」で酸化した皮脂からキレイな皮脂に置き換えること。

酸性肌アレルギーにとって最も重要なことは、原因となっている悪い油(酸化した油)から作られた皮脂を減らし、良質な油から作られた正常な皮脂で肌を覆うことです。
「生粋 ki-sui」は、酸価値が低く、高価で良質な油を使用しているだけでなく、特殊な製法で油を酸化させない工夫がされています。このフードを与えることによって、悪い油からできた皮脂が減り、良い油から作られたキレイな皮脂が分泌され、肌全体を覆うことによって酸性肌アレルギーは必ず改善されます。


地肌に残っている悪い皮脂を取り除くこと。

せっかくキレイな皮脂が分泌され始めても、悪い油が付着したままでは、酸性肌アレルギーは決して治りません。付着して残っている悪い皮脂はクレンジングオイルや除菌シャンプーでキレイさっぱりに洗い流す必要があります。
あまりに長期間悪い皮脂を放置すると、地肌の奥にまで悪い皮脂がめり込むように入り込んでしまいます。この状態になると、食事やシャンプーだけでは症状は良くならず、特許庁が認めた新薬を一時的に使う必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前のコラムへ
  • 犬のアレルギー治療コラムトップへ
  • 次のコラムへ

pagetop